・・・< INDEX >・・・








   警視庁


 


ナイフの製作のきっかけは、暇つぶしによくゆく好きな東急ハンズに男の休日 ”ナイフメーキング講座”という冊子が置いてありこれを見たのがはじめである。ナイフ製作の作業は、 バンブーロッドメーキングと同じで作業するための工具が必要で、その工具を作るところからはじめた。これまで、何本か作成したが最近は作業をしていない。

ナイフを作成する楽しみは、自作のナイフでアウトドアーで魚をさばいたり、木を削ったり して実用に使用しているが。日常、携帯するのは下記のような規制があるので注意が必要です。

Knife Making Process
1 ナイフのパートの名称 7 熱処理
2 ブレードの鋼材 8 熱処理後の研磨
3 ナイフのデザイン 9 ハンドルの作成
4 外形削り出し 10 刃つけ(完成)
5 ブレードの削り出し 11 シースの作成
6 ブレードの研磨


銃砲刀剣類所持等取締法による規制

本来、武器として製作され、殺傷能力も高い刀剣類(例えば刀や剣など)については、)については、教育委員会の登録を受けたもの等を除き、所持することが禁止されています。
一方、包丁、ナイフ、はさみ等の刃物は、仕事や日常生活を営む上での道具として必要なもの であることから、所持禁止にはなっていませんが、理由なく刃物を外に持ち歩くなどして携帯 する行為は、人の生命、身体に対する侵害を誘発するおそれが高いので禁止されています。

刃体の長さが6センチメートルを超える刃物携帯の禁止

銃砲刀剣類所持等取締法第22条 は、刃体の長さが6cmをこえる刃物については、「何人も、 業務その他正当な理由による場合を除いては、これを携帯してはならない。」と定め、これに 違反した場合は2年以下の懲役又は30万円以下の罰金を設けています。

詳しく知りたい方は、左記のHPを見てください。

 1.ナイフのパートの名称(シース・ナイフ)

シースナイフ

ナイフは、ブレードを折り畳むことができるフォールディング・ナイフと、ブレードが 固定されているフィックスドブレード・ナイフに分類される。フィックスドブレード・ナイフは、 アウトドアーなどで利用する場合、牛革等で作ったケース(シース)にいれて携帯するのでシースナイフと呼ばれている。


PageTop

 2.ブレードの鋼材      3.ナイフのデザイン

2.ブレードの鋼材

ブレードは、東急ハンズ等で購入することができる、日立金属が開発したATS-34を使用 する。(厚み2.5mm、幅25mm、長さ220mm)

のブレードは、カスタムナイフ鋼材として,耐蝕性(さび)、靭性(ねばり)、耐摩耗性、実用硬度 の条件に優れており利用されることが多い。

3.ナイフのデザイン

ナイフのデザインは、利用の仕方によりサイズなど様々ですが、今回はアウトドアーで魚などをさば いたりすることを考えてデザインしました。ヒルトがありフルタングの形状で作成します。

マスターの作成
マスターは、ナイフの型紙であり同じナイフを作成する場合このマスタ ーを使って作ることができます。

スターは、1mmのアクリル板(1mmエンビシート)に紙に書いた原図を写しカッターなどで切り出します。 その時,ピン穴、ソングホールも開けておきます。

また、ハンドル材の接着強度をますために10mm程度の捨て穴を開けることも必要です。


  

PageTop

4.外形削り出し

レードを削り出すためには、ナイフの外形をブレードに ケガキ線を引きます。一般的には ケガキ線がはっきりわかるように塗装(青タック)をします。しかし、素人は、外形がわかる ようにブレードにマスターをズレないようにあて線がわかるように引ければいいと思います。 多少のズレはヤスリで削るときに調整すればよいと思います。

(写真は、アルミ板を使用しています)


 @ブレードにマスターを固定し外形の線を引く。




A外形線に沿って3mmくらいのドリルで穴を開けてゆく、穴は多くあるとカナノコで切断する ときに楽です。一緒にピン穴、ソングホール、捨て穴もすべて2mm程度のドリルで穴を開けます。 必ず、ドリルには切削オイルを使ってください。



B外形の切り出しは、カナノコを使って切り出します。または、ブレードが 固定できればジグソーを利用することもできます。

今回は、万力に2x4材を固定し、そのうえに穴のあいたブレードのピン穴,捨て穴を利用して木ネジで固定し、さらに万力自体をCクランプで固定してジグゾーで切り出した。切り出す場所により何回かネジ止めを変更した。


    

Cマスターを合わせながら外形をヤスリで削り形を整えます。


PageTop    

 5.ブレードの削り出し

<事前の準備>

@ブレード材を固定するため3mm厚のアルミU型(長さ15cm程度)材を用意する。この、アルミ台 にブレードのハンドル部分のピン穴、ソングホールをボルトで固定し万力にセットする。万力は Cクランプで固定する。

Aエッジラインのけがき

どこまで削るのかの線を引く。刃が付く部分は0.5mm程度残します。残す厚みは、ブレードの大きさなどによります。

Bヤスリ掛けは、一般的には峯から刃に向けてヤスリをかけます。ヤスリ掛けは一箇所だけに集中 しないようにかけます。また、ヤスリ掛けは、一方通行で、前に向かって押し削ります。引くの はヤスリの目を潰すのでしないように。ストロークは約20cmくらいです。

Cヤスリは、精密ヤスリを利用します。これで、両面を削ります。

(注)削り出しには、いろいろのテクニックがあるようですが、ここでは素人が手始めにやること を前提に手順を大まかに説明してゆきます。


  <  

PageTop

  6.ブレードの研磨

ヤスリがけの面を綺麗に仕上げるために、オイルストン、サンドペーパーを使って研磨 してゆきます。

・まずは、オイルストンの#80を使ってヤスリ目を消してゆきます、つぎに#150で#80の スリキズを消してゆく。

・次に、砥石の傷をサンドペーパーで消してゆきます。平らなものにサンドペーパーを固定して平行 にスライドして傷を消してゆきます。

サンドペーパーは耐水ペーパーの#120、#240、#400、#600、#1000の順にかけ てゆきます。#2000までかけると鏡面になります。





PageTop

  7.熱処理     8.熱処理後の研磨

7.熱処理

熱処理は、個人ではなかなか温度管理ができないので業者に依頼します。

(参考)八田工業(株) http://www.hatta.co.jp/

8.熱処理後の研磨

熱処理後のブレードは被膜がついており、そのままだとサビの原因になるので、耐水ペーパー の#400、#600、#800で研磨します。ヘアーラインの研磨は下図のような道具を作 してゆきます。







PageTop

 9.ハンドルの作成


ハンドルの部材は、ヒルト、ボメル、ハンドル材です、ヒルト、ボメルは、ニッケルシルバーで作成 ハンドル材は紫檀、黒檀などの木材と鹿角(スタッグ)などいろいろです。ヒルト、ボメルは2mm程度の 穴を開け真鍮の棒でカシメます。ハンドル材は、寸法に合わせカットしファスナーボルトの穴を開け ます。またフィンガーの曲線加工は取り付け後にします。ハンドルは、エポキシ系の接着剤で接着 します。ハンドの固定は真鍮の丸棒などでカシメで固定します。その後、ヒルト、ボメル、ハンドル 材などの仕上げをします。丹念なサンドペーパーがけで仕上げてゆきます。

新木場 もくもく   LINKのページ参照





PageTop

  10.刃つけ(完成)

刃つけは、オイルストンの#300〜#500の荒目の砥石を使って研磨してゆきます。

  

PageTop

 11.シースの作成

シースは、ユザワ屋で牛革を購入して下図のように作成しました。







PageTop
 
inserted by FC2 system